竹の子料理の食感は、サクサクした歯応えです。

しかし、サクサクは、りんご・レンコン・キャベツなどの歯ごたえ、と言う人がいるかも知れません。
または、ウサギやリスの食事の仕方から、サック・サックと感じるかも知れません。

視界を広くし、男性、子供たち、女性の人から食感を聞いてみましょう!
音から判断すると、りんごは、ガブリ、又はシャキシャキ感がより近い、と思われるかも知れません。
また、キャベツもシャキシャキの食感がより近い、と思われますがいかがでしょうか?
更に、レンコンは、少々硬いため、サクサク感が少ないように思われます。

したがって、サクサクは、「竹の子」の食感、と言えます。
旬の竹の子は、柔らかいためです。
この竹の子は、サクサクとした食感があり、そのため、一層美味しく頂くことが出来ます。

この食感は、美味しさを求める人々の人気を集めています。
4月になると、多くのグルメ(食通)は、必ずと言って良いほど竹の子を食べています。
実際、『竹の子』を求める人々のネット検索数のピークは、4月から5月上旬です。

サクサク感は、研究成果によると、味と比較し、食欲を強く刺激することが判明しています。
(松本仲子・松元文子:食ベ物の味 −その評価に関わる要因− 調理科学 10 97〜100 (1977) より)

したがって、タケノコのサクサクした食感を日常の料理に応用いたしましょう!
より一層、美味しい料理となるかも知れません!

筍(たけのこ)のサクサク感を生かせる主な食品は、次の通りです。
(1) クッキー
(2) チョコ
(3) お菓子
(4) ケーキ
(5) ビスケット
(6) 天ぷら
(7) せんべい
筍の食感を生かしたことで、さらに美味しくなった、とほめられるかも知れません。
● 食品メーカーでは、研究の対象になっているテーマです。

このサイトは、このようなサクサク感を味わえる、たけのこ料理のレシピを紹介しました。
調理師2名の協力を得て作成しました。
したがって、自信を持って紹介できるレシピとすることが出来ました。

目標は、次のポイントに焦点を合わせました。

● 安い
● 美味しい
● 簡単
更に、● 愛情を込めて作れるポイントを示しました。

来客、忙しい時、大変重宝するレシピ集となっています。

以上の目的のため、主に次の分類に従いました。
(1) 竹の子 ご飯 (約10分)
(2) 煮付ける (約20分)
(3) 蒸す  (約30分)
(4) 揚げる  (約15分)
(5) 炒める  (約30分)
※ たけのこは、下ゆでしたものを使用します。
( 水煮筍は、えぐみが残る場合があります。 熱湯で下ゆでしましょう! )
その他 NHKきょうの 料 理

和食の定式には、五味五色五法というものがあります。

「五味」とは、1 甘、2 酸、3 辛、4 苦、5 鹹(かん:塩辛いこと)
「五色」とは、1 白、2 黄、3 赤、4 青、5 黒(濃い紫を含む)
「五法」とは、1 生、2 煮る、3 焼く、4 揚げる、5 蒸す
最後の五法にこだわらず、分類しましたのでご了承願います。

●上記の定式に「食感」を加えると、いっそう味わい豊かな料理に近づくかも知れません。



次は、各記事の要約です。

竹の子ご飯、レシピ
竹の子ご飯を作りましょう、サックサックし、香りが良く美味しいです。
具は油揚げを入れると風味が出ます。● ここに愛情を込めましょう!
普通のお米だけで出来ます。


たけのこのそぼろ煮 料理
とり肉ミンチを使っった煮物です。
アクをしっかり取り除くことがおいしく作るポイントとなります。
むきえんどう、片栗粉を使用しているところがポイントです。●ここに愛情を込めましょう!


たけのこ の野菜蒸し、レシピ
蒸した野菜のほくほく感と、竹の子のサクサクした食感が楽しめます。
ジャガイモ、ゴボウなど野菜が多いのでヘルシーです。●ここに愛情を込めましょう!
調味料は、塩を利かせるのがポイントです。


たけのこ の 「 グリーンピース 」のかき揚げ、レシピ
春ならではのサクサク、プリプリした食感を味わうことが出来ます。
むきえび、めんつゆで味を出します。●ここに愛情を込めましょう!
衣は、少なめにすることが美味しく頂けるポイントです。


タケノコと 椎茸・糸コンニャクのひき肉炒め、レシピ
椎茸を一口大に切り、ニンニク、生姜、長ネギ、赤唐辛子を細かく刻みます。
竹の子、切った糸こんにゃくを入れ一緒に炒めます。
調味料を加えた後、ごま油をまわし入れます。●ここに愛情を込めましょう!


たけのこの下ゆで
たけのこは穂先を斜めに切って外側の皮を2〜3枚むき、皮に深く縦に切り目を入れます。
赤唐がらし2本を米のとぎ汁をたっぷり鍋に入れ、やわらかくなるまで約1時間茹でます。
火を止め冷めるまでおき、皮をむいて洗い、水につけて冷蔵庫で保存します。


NHKきょうの料理から、「 竹の子 」レシピの利用方法を紹介しました。
NHKが2006年に公開した「ジャンル別番組制作費」によると、同番組の制作費は1本170万円掛かるそうです。
 (NHKきょうの 料 理 Wikiより引用)

毎週、 月〜木曜 の4回、50年間放送されました。
したがって、計算すると1週間に約680万円にもなります。
貨幣価値の変動を無視し、単純に計算すると50年間に約4億円になります。 
数億円かけて作成した無料のレシピを活用する方法を紹介しましたので活用してください。

無料です!!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。